仙台MTビル

東北の玄関口「仙台駅」、その東口のメインストリート《宮城野通り》の
ランドマークである仙台MTビル
日本で初めて免震構造を採用した構想オフィスビルです。

進化する仙台駅東口

仙台駅東口エリアでは、2015年12月の地下鉄東西線開業により、
再開発が進んでおります。
新たな商業施設やホテルのオープンに伴い、
今後も利便性が向上していく大注目のエリアです。

実績に裏付けられた安全・安心

日本初の高層免震オフィスビル
免震層には「弾性すべり支承」と「積層ゴム支承」を併用した
ハイブリットTASS構想を採用しています。
東日本大震災では地震の揺れを最大で3分の1まで低減し、
建物の構造体はもちろんのこと、
各種設備、内装、オフィス内の家具・什器類に至るまで、
ほぼ無被害に抑えました。

BCP対策
大規模災害の際のビルの基本性能維持を目的として
24時間以上運転可能な非常用発電機や各種防災備品を装備し、
入居企業のBCP(事業継続計画)を強力に支援します。

Location

マップ

最寄り駅
JR・・・・・・・・・「仙台」駅  徒歩4分
JR・・・・・・・・・「榴ヶ岡」駅  徒歩7分
地下鉄東西線・・・・「宮城野通」駅 徒歩3分

物件概要
用途    事務所・店舗・駐車場
住所    宮城県仙台市宮城野区榴岡4-2-3
規模    地上18階地下2階建
構造    鉄筋コンクリート造一部鉄骨造(免震構造)
延床面積  43193.56㎡
竣工    1999年3月
駐車場   329台(自走式、自走式2段パーク)
基準階概要
事務所貸室面積合計 1572.6㎡
天井高       2,700㎜
床仕様       OAフロア70㎜
床荷重       500㎏/m²(重荷重対応部:800㎏/㎡)
空調        集中空調
コンセント容量   50VA/m²

仙台MTビル

お電話でのお問い合わせ

0120-221-6556